看護師の国家試験は、年に1度開催されます。

勝負は年に1度

看護師の国家試験は、年に1度開催されます。

看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を持ち続けています。

看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。はじめに、本当に転職する気になった理由を思い出してください。そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。

そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現方法を工夫してください。転職理由の部分が長いと潔くないので、簡潔にしましょう。長時間労働が原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい環境で自分を高めたい」という表現にすれば受ける感じは悪くはないでしょう。

たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに感じさせるられるようになります。履歴書には150文字から200文字程度で書くようにしましょう。転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。仕事しながら次の就職先を探すとなると、転職のために割ける時間は少なくなるでしょう。そんな時に、一度試して欲しいのが転職情報を集めたサイトです。

転職サイトへ登録することにより、自分と一緒に、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフが協力して仕事探しをサポートしてくれるのです。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。

看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。
可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思っている方が多いでしょう。

希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。焦りながら転職活動を行うと、迷っている余地がなくなってしまって、年収よりも採用されることを優先して仕事を選んでしまうこともあるでしょう。

その結果、転職前よりも年収が低くなることも多いです。だったら、なんのために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。

収入的にも満足できる転職を目指すのなら、じっくりと仕事を探してください。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。

月に8回までと国の指針では定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。

転職を考えた場合、まずは一番身近な家族に相談する人が多いでしょう。ご家庭がある人なら、家族に相談せずに職を変わるということは止めた方がいいです。家族に相談せずに転職をしてしまったら、それが原因で離婚になることもあります。