看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。

看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。

看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を持ち続けています。

看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。

けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。

準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。

転職したいと思った場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をする方がほとんどです。

ご家庭がある人なら、家族に相談せずに職を変わるということは止めておくべきでしょう。家族に相談せずに転職をしてしまったら、このことが原因で離婚になる可能性も出てきてしまうことがあります。
余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、目先のことにとらわれて、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選んでしまうこともあります。その結果、転職前よりも収入が減ってしまう事があります。

これでは、何のために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。収入的にも満足できる転職を目指すのなら、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。転職するための活動は、在職中から始めて、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。職の無い期間が半年を超過してしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を退職しないようにしましょう。長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「生産性の高い仕事が希望」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と記載するとイメージは悪くありません。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに感じさせるられるようになります。

履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。

修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。
病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。
一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。

2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。