試験まであと3ヶ月

例年9月に行われる電検3種の合格は難関だというのが多くの見方です。
ただ、数学と物理を学べばいまからでも電検3種の合格も無理ではないです。

とはいっても、試験科目がたくさんあり、広範囲及びますので、一夜漬けでクリアするのはちょっと無謀だと感じています。

学生の受験も多くみられ、その多くが「力試し」の傾向があり、それが低い合格率になる要因だとの指摘も見受けられます。
それでも、難関であることに間違いないです。

電気主任技術者(http://ja.wikipedia.org/wiki/電気主任技術者より引用)

電気主任技術者(でんきしゅにんぎじゅつしゃ)とは、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、設置者が法律上置かねばならない電気保安のための責任者である。
電気主任技術者の指名に際しては、事業場の規模により、第一種、第二種及び第三種電気主任技術者免状の保有者のうちから選出しなければならない。国家試験が「電気主任技術者試験」と称することから電験(でんけん)あるいは区分呼称をつけて電験何種と略称されることも多い。

概要

電気事業法43条1項では、「事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、経済産業省令で定めるところにより、『主任技術者免状の交付を受けている者』のうちから、『主任技術者』を選任しなければならない。」と定めている。このような保安体制の設置(主任者の選任)義務を課す法律は電気分野以外にも多くあり、そういった体制を維持するために試験等により資格者(予備軍)を確保する仕組みが日本ではよく見られる。そのため、このような資格は実際に選任されなければ法律的には意味がないにもかかわらず、一般に、資格取得自体が技術者としての個人の能力を示すものとして社会的価値を持ち、電気主任技術者免状の場合にはいわゆる《電気検定》としての意義を持っている。なお、電気主任技術者免状を独立した国家資格(免状)として制度化しているのは日本のみである。
自家用電気工作物については、設置者が経済産業大臣の許可を受ければ電気工事士等の資格保有者などを主任技術者として選任することができる(許可選任という)ほか、7000V以下で受電する需要設備等については外部の電気保安法人などに保安業務を委託することによって主任技術者を直接に選任しないこともできる(外部委託承認)。

許可選任の例
第一種電気工事士(試験のみ合格の場合を含む)、工業高校電気科(認定校に限る)の卒業者等は500kW未満の受電設備に限定。
第二種電気工事士等の場合は100kW未満の受電設備に限定。

転職をしたいと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家

転職をしたいと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。家庭を持つ方でしたら、ご家族に相談をしないで勝手に転職をするのは止めた方がいいです。

家族に内緒?

家族に内緒で転職してしまったら、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至ることもあります。

転職を考えたときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。

これまで築いてきた経験を使った転職を考えている方にもお勧めできる資格なのです。社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。
人材紹介会社を通して転職がうまくいった人も増えています。
自分だけで転職活動を行うのは、へこむことも多いものです。転職活動が長引くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。

 

人材紹介会社のサービスを頼れば、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、1人では思いつかないような助言を得られるでしょう。面接を行う際、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔感漂う服装で面接にチャレンジするということが大事です。
緊張であがってしまうとは思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、本番に備えるようにしておいてください。
面接の際、質問されることはたいてい決まっていますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。

医療業界も視野

産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。

産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。

興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。

転職サイトなら産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。
転職する際に求められる資格というのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。

それに、建築とか土木系の場合には、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を取得していないと業務ができないという仕事が多くあるので、狙いやすいかもしれません。

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針で定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい職場で成長したい」とすれば良いと思います。

マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスになることもあるのです。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。